2010年01月10日

第114 テネシーワルツ(ピアノ版)


ピー・ウィー・キング(1946年)

112回で演ったばかりのテネシーワルツですが、ユーチューブでラグタイムピアノ版を見つけたら演ってみたくなり、挑戦してみました。指使いが見えるので、耳からだけでなく目からも音が拾えます。



posted by KenG at 20:03| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アドリブっぽい演奏を、よくぞここまで〜〜〜って感じなのでしょうね!KenGさんの、完成した時の充足感は、ハンパなものではなかったに違いありません!実に羨ましい!
私もいつか、KenGさんのようなMIDI使いになりたいなあと思いました、
Posted by FAN at 2011年06月30日 09:22
おっしゃる通りで、そんな時は誰に遠慮することもなく自己陶酔に浸ることにしています。

お金もかからないし、ひとにも迷惑をかけないのですから、このくらい贅沢させてもらってもいいのではないかと・・・。
Posted by KenG at 2011年06月30日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。